2016.09.13 Tuesday

2回目の月命日。

苦手な暑さの終わりが見えて

お出掛けシーズンが待ち遠しいはずの時期だけど

今年はあの子が居た夏が終わり季節が移ると思うと物悲しさを感じる

2回目の月命日。

 

一昨年の彼岸花・・今年も咲いてるのかな。

 

一緒に秋を楽しんでから逝けば良かったのに。

ついでに春になって16歳になって、桜も一緒に見て・・

そうだとばっかり思ってたから

フィラリアの薬も春に12月分までまとめ買いしちゃったやん。

 

 

スパコと一緒に秋のお出掛けしたいなぁ。

 

 

車の窓から秋風に吹かれてスパコと一緒にどこかに行きたい車落ち葉

秋の写真もまた撮りたかったな落ち葉

花花花

 

先週は2か月ぶりでわんこを抱っこしたんだ。

ワイヤーのお友達が突然会いに来てくれてね。

会うのも久しぶりでびっくりしたぁ。

 

スパコよりも体の小さい2ワンなので力加減は違えど

抱き上げる動作は体に染みついてるあの感じ・・。

 

いつもは虚しい妄想のエアー抱っこで

『こうやってお尻を支えてさぁ・・』なんて言いながら

たまに確認しないとあの感触を忘れてしまうんじゃないかってね。

 

久々のやわらかくてあったかい感触でした顔

スパコがたくさん遊んでもらったね。

2ワン共、ゆっくり歳を重ねていってね。

可愛い天使ちゃんをどうもありがとうキラキラ

 

 

スパたんは先にお空へ行ったお友達と会えたかなぁ。

みんな天使の輪っかつけて・・ふふ天使ハート

 

 

あたしの天使ちゃん天使

元気にしてますか・・?

 

 

 

 

2016.09.01 Thursday

四十九日。

おととい8月30日にスパたんは四十九日を迎えました。

もうそんなに居ないのね。。

あんなにべーったり一緒に居たのに不思議な感じだ。

 

台風の進路がこの日関東を通過するかも知れないと遠くで気にかけて

前もってお友達のイケわんワイヤー兄弟がキレイなお花を送ってくれたよお花

いつも色々とどうもありがとうね:)

うれしいねスパたんきらきら


 

 

相方も休みで、父親も突如タクシーを乗り付けてお線香あげに来たので(笑)

11時20分に代わる代わる手を合わせて

6月に母の三回忌法要でお寺さんで配られた

お経が書かれた紙がまだ取ってあったので

一通り最後までスパコの前で読みあげてみた。

どこで息継ぎしていいやら

信仰心とは無縁のあたしが読むお経なんて余計意味不明で迷惑かなちゅん

 

暮らした家や身近にいた魂がいよいよあっちの世界へ行ってしまう日なんだよね・・

 

 

スパたーん

あっちとこっち行ったり来たりでいいからねぇ

遠くへ行かんといてーメガホン

・・・って

まだまだこっちでリードの端っこ握ってる者が居たのではイカンかなぁ・・涙

 

スパコは納骨の予定はなく自宅で供養なわけだけど

あたしが少しづつ外出先で落ち着いていられるようになったのは

この↓カプセルの効力って大きいような。。

 

 

こうゆうグッズがあるのは知ってたけど

はじめは”要らんわぁ”って思ってて・・。

 

火葬を待つ間に待合室のポスターをにらんでるうちに

やっぱり一応・・って受付に選びに行ったのだ走る

 

スパコの骨はモロモロと崩れずに

しっかり丈夫な骨だと言われたっけ。

 

その中から

お手してくれた指先

ご機嫌に振ってた尻尾の先

大好きなササミおやつを齧ってた歯

その細かな3つを閉じ込めて

なんだかんだ外出する度に連れ出して

帰宅した時『ただいま』なんだか一緒に出掛けて来たのか

曖昧な感じになってるけどさゆう★

 

『ゆっくり寝ちゃいらんないよ〜』って言ってるかなkyu

 

 

いつか・・スパコのカケラを持たなくても

大丈夫な日が来るまで

ポケットでお付き合いお願いねちゅん

 

 

2016.08.27 Saturday

虹。

この間・・

普段開けない引き出しを整理してたら

出てくる出てくる忘れてたようなスパコに関する書類や写真。

スパコが生きてた痕跡の残る物は捨てられなくてね。

まして日常使いしていたモノ達は

その場を動かすのもまだちょっと抵抗があって

玄関先のこれら↓はいつまでこのままなのだろうか・・・涙

写真に撮って片付けようかと思ったけど

・・撮っただけでした。

 

整理整頓で掘り起こされたスパコの痕跡に

なんだかすごーく寂しくなって涙ぼんやり途方に暮れてたら

空がすごーくきれいな夕焼け空になってて

スパコの場所からも見える様にブラインドを全開にしたタイミングで

虹が現れたのだにじ

泣かせるね〜。

 

電線邪魔だけど・・もやもや

 

『そこに居るんか?』

逢いたいなぁ・・

ちょっとでいいから姿見せてくれないかなぁ泣く

 

『・・・ハテナ

 

出てきなさーいっ泣く!!

 

『・・・・・。』

 

ベランダに出てしばし見上げてたら

虹はあっと言う間に消えちゃいました虹ばいばい

 

 

ほんとはこうして

いつも外を眺めてた窓際で一緒に見てたのかなぁ

 

 

 

 

スパコぉ

まだまだ暑い日が続いてるけど

スパコが居た頃に比べると

日が暮れるのが早くなったよ。

確実に季節は進んでるけど

スパコはああだった、こうだったって

今もスパコの話ばっかりしているよ星

 

2016.08.20 Saturday

ペット。

またまた台風が接近中で

蒸し風呂だゎ、どしゃ降るゎ、晴れれば灼熱だゎ

スパたんが居ようが居まいが

暑いのは嫌いです・・涙

 

ひまわりひまわりひまわり

 

やはり台風一過でうだるような暑さだった今週の休日

映画館で涼もうと『ペット』観てきました。

お留守番中のペット達はどう過ごしているんだろう?ってテーマが気になる

『元』犬飼い・・汗

 

 

画像お借りしました

 

 

全体的にトイストーリーのアニマル版って感じかな。

トイストに比べるとお話はもうちょっと・・ってところはあったけど

キャラクターたちの動きや表情がめちゃ可愛かったハート

 

あたしは子供の頃から動物が好きで

わんこに憧れながら

文鳥、セキセイインコ、ボタンインコ、

うさぎ、熱帯魚、ハムスター、亀(現在も20年物の亀吉くん生存中)など

絶えずなにか飼っていたので

映画に登場する動物たちにも親近感がありありで。

 

スパコ不在の毛むくじゃらロスで「モルモットでも飼おうかなぁぁ涙

・・と虚ろに口走っていたところへ

丸っこい癒し系モルモットも登場したし・・ぷ

しあわせペットライフを垣間見るラストの映像にちょっとキュン・・でしたわ映画

 

 

お留守番問題・・いろいろ大変なこともあったけど

わんこは”一緒にいられればしあわせ!”って直球で向かって来る相手だから

それに応えることがこちらのしあわせでもあり。。

だからそんなに簡単に迎えることはできないいきものなんだよね。

 

 

 

晩年、お耳が遠くなってからはずいぶんお出迎えも緩慢になったけど

私が買い物に行ってる間に玄関ドアの真ん前で

ピーピー言って待ってる相方撮影の一年前の動画とか

亡くなる10日前、ヨロヨロなのに相方の帰宅に玄関まで出迎えに行って

”お帰り”って一生懸命ペロペロしてる動画を繰り返し見ていると

あんな愛情深いいきものを『ペット』なんて軽く呼べやしないよね。

 


このお腹に顔埋めたい〜感謝

 

 

 

 

 

 

お留守番が長くならないようにと

重〜い愛情に自らがんじがらめになりながら

ニコニコ出迎えてくれる可愛いあの子の元へ一目散に帰りたくなる

しあわせな束縛がなつかしいちゅん

出先で急ぐ癖が少しずつ抜けてきた自分を

なにか寂しくさえ思う今日この頃なのだ。

 

 

2016.08.13 Saturday

ひと月・・。

今日はスパコのはじめての月命日。

もう半年ぐらい居ない気もするし

ついこの間まで部屋をうろちょろしてた気もするし

よくわかんないけどあれからひと月経ったんだ。

 

今日相方は仕事なので

あの時間にふたり分のお線香を炊いて

手を合わせました。

 

お友達から素敵なお花も届いて

スパコのメモリアルコーナーを飾ってくれています花

 

 

 

スパコを忘れないでくれてどうもありがとうちゅん

 

 

夜はスパたんの好きな物でディナープレートランチ

いつも食べてたスープも久しぶりに作ったよ。

シリンジでペロペロ飲んでくれたリンゴジュースもね。

 

 

花花花

 

 

この写真は病気を告げられる8日前。

少し食欲が落ちて、少し歩くのが遅いなと感じたけれど

シャンプーしてお散歩していつもの日常の中に

いつものスパたんがいたね。

 

 

スパたんは限界までお散歩もしっかり楽しんで

15年と4か月、5602日の天命をきっちりスパたんらしく生き切ってくれたなら

それで良かったんだと思ってる。

でも・・そう頭で思うのと

いつまでも心が呼んでしまうのとは違うんだけどね。

 

 

逢いたさに悶絶しても

わんこに纏わるすべてのことがなつかしくなっても

ひたすらスパコの居ない現実に慣れようとするより他はないという

長い忍耐のひと月だったぁ・・

 

 

 

花花花

 

どっちを見ても思い出だらけで

海の方へ行ったのすらスパコが居なくなってからはじめてだったけど

今週は癒しと涼を求めて久しぶりに水族館へ行ってみた。

外は雨が降り出して灰色の空と海だったけど

ヘタに海に沈む夕陽なんて見えなくて良かった。また泣けるもん・・・

 

 

 

 

ワン連れNGな場所の年パスなんて

今まで買おうとは思わなかったけど

これからは散歩がてらふらっと行くのもいいかなと買ってみた。

 

こことは違うけどわんこOKの水族館でスパコほんっとに楽しそうだったなぁって・・。

またあのはしゃぐ姿が見たくて

秋にもう一度連れて行こうと思ってたのに・・行けなかったなぁ。

残念だ。

でもあの日のように隣でキャッキャと大喜びしてる姿が終始浮かんでたよ感謝

 

スパコ10歳のとき・・

 

14歳のとき・・

スパたんがいると楽しかったなぁ。

 

出掛ける支度してる時に

『スパたんもいっしょいっしょ!!』

こう言ってもらえると安心して

嬉しそうに部屋を駆け回ってたのを思い出すよ。

捕まえてリード着けるの手間取ったね。

 

スパ号・・懐かしいな車

 

この背中・・ぎゅーっとしたい顔

 

姿が見えなくなったスパたんはどこだって一緒に行けるんだから

今まで行ってみたくてもわんこNGで足が向かなかった場所に

これからひとつずつ行ってみようかな、と思う。

 

手持無沙汰で空っぽな感じも

物足りなさも満たされない気持ちも

時間が経てばいつか当たり前になっていくものなのかなぁ・・・

慣れる日が来るのかなぁ・・

うーーん・・

まだひと月・・・やっとひと月。

スパたん・・

なにひとつ忘れてないよ。

 

 

 

 

2016.07.29 Friday

あれから・・・。

長い梅雨もやっと明けて

スパコの居た日には聞こえなかったセミの声が

毎日盛大に鳴り響いています。

 

あれから2週間が過ぎ

いちばん堪えていた

朝目覚めてスパコの姿が見えない事には少しは慣れたかな。

でもそこだけ時間が止まってるように感じる時は

やっぱり寂しさに駆られます。

 

どっぷりとペットロス日記になってしまいますが涙

もう少し思い出語りを。。

 

花花花

 

これはスパコが息を引き取る3時間半ほど前。

命あるスパコのラストショット。

 

 

じっと見据えた瞳で何を思っているのか

スパコの姿をたっくさん写してきたカメラの中に最後に残していった

健気で愛おしいスパコのお顔です。

ずっとずっと私の可愛いモデルさんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花花花

 

 

外出すると"スパコが待ってるから"といつでもどこでも急いでた

15年間で染みついた癖はそう簡単には抜けず

いつの間にか急いでしまう2週間でした。

 

我に返って気持ちの中でアクセルを離す。

そんな事の繰り返し。

そうゆう意識外のリズムみたいなものはなかなか消えないね。

 

スパコの使っていた物達もまだほとんどそのまま。

歯ブラシスタンドにいっちょまえに小さい歯ブラシが並んでたり

お風呂場に皮膚炎用のシャンプーを目にすると

あのモケモケの茶色いのが当たり前に住んでいた生活感が蘇る。

 

いい加減くたびれてきたから近いうちに新車に買い替えようと思ってたカートは

火葬の日の早朝、キンキンに冷やした保冷車となって

公園の入り口まで最後のお散歩へスパコを運んで役目を終えた。

 

 

 

なんならカートのままでお別れの場所まで行けたら良かったけど

その朝相方がクロ○コヤマトで購入してきたやけに縦横ぴったりサイズの新しい段ボールに

お花やご飯やアイスノンと一緒にすっぽり納まり

スパコは生涯暮らした我が家を後にした。

『宅急便で虹の橋へ無事に送り届けてもらいなね』

なんてちょっと笑って

近所を車でぐるっと一周してからお別れへと向かいました。

 

あそこの歩道の脇に落っこちちゃったよね、とか

お散歩の折り返し地点の橋だよ、とか話しかけながら。

 

一緒のお出掛けや旅行も楽しかったけど

もし一日だけスパコが戻るとしたら

私はやっぱりたわいのない日常の散歩風景に戻りたいかな。

 

青々とした田んぼ、広い空、どこもかしこも一緒に歩いた記憶のある道。

15年暮らした街はなかなかいいとこだったでしょ、スパたん。

 

 

 

夢にも出てこないで

あの子はその辺でぷらぷらクンクンお散歩してるのかな。。

 

 

 

 

 

心地いい場所でのほほ〜んと平穏にやってるだろか・・。

こちらは本格的な夏になり

真っ青な空に洗濯物干しながら

モクモクした真っ白い雲にスパコの形を探してるよ。

 

 

2016.07.21 Thursday

旅立ちのとき。

昨日でスパコが逝って丸1週間。

11時20分に二人でお線香をあげてお祈りしてから

横浜へ酸素室を返却しに行った後

お世話になった病院に挨拶へ。

夜間や休日にも快く対応してくださり

お花をありがとうございました。

受付の方や先生の顔を見たらやっぱり涙を堪えきれなかったです。

スパーキーの飼い主としての最後の仕事も

これで終わってしまったんだなぁ。

 

花花花

 

あの日・・

 

病院から帰宅し

キャリーバッグからいつもの布団の上にスパコを寝かせ

ホッとして二人でスパコの背後で着替えをしてると

向こう向きのスパコが

グイーッと体をこちらへ反らせ伸びをした。

 

具合が悪い日が続いてるとそんな仕草をしないので

『あれ?スパコ伸びしてる?』

 

でもなんか変・・。

 

相方が一瞬で抱えると

『息してない!!』・・と。

 

『スパコーーーーーーーーっ』って

耳元で絶叫する私に応える様に

スパコは口を大きく2度開いて

2度目ですーっとすべてが抜けた。

 

『スパコありがとーーーっ』

って二人の声が

きっと届いたと思う。

 

きっとあの時、背後に居たふたりの姿を見ようとして

最後の力を振り絞って

お別れを知らせたように思う。

 

スパコはすごく頑張って

私達に後悔させないような形を選んで

旅立って行ったんだ。

 

亡くなる前日、スパコに何度か言ったの。

相方が帰ってくるまでね・・・。

明日はお休みだからねって。

 

たった週に一度の休みだったのに

それをちゃんと守って待っててくれた。

辛かっただろうにすごいよ。

 

ほんとは反応が薄れて病院にとんで行った

4日前のあの雨の土曜日だったかも知れないのに・・

 

家に着くまで頑張ってたんだねって先生も言ってたよ。

ほんとに強くていい子だったね。

 

亡くなる前日の朝

出勤前の相方に抱かれて・・

 

 

15歳まで大した病気もせず健康で

ついこの間まで元気いっぱいだったスパコ。

少しの期間だけしか私の手を煩わせることもしないままで・・

もっと看病させてくれても良かったのに

でも、苦しみが長引かないで良かったんだよね。

 

 

苦しまず、眠るように、ふたりが見守る我が家で・・・

そんな私達の最後の願いを全部聞いてくれて

スパコ本当にありがとうね。

 

スパコのおかげでなんの後悔も

伝えきれなかった思いも抱えず

ただただスパコが居ない事だけを悲しんでいられるんだよ。

 

ひと月前に撮ってもらった元気な笑顔のスパコと私

 

 

眠るスパコのお顔は本当にきれいで

赤ちゃんみたいに可愛くて愛おしくて

手放すときは胸が潰れそうだったけど

 

いつかまた家族で逢えるよね。

また一緒にお散歩しようね。

 

それまでしあわせでいて下さい。

スパコらしい笑顔で・・。

 

 

スパコを中心にして暮らしてきた15年を

あたし達は絶対に忘れるはずがないからね。

いつも陽気なスパコが大好きでした。

スパーキー、スパコ、スパたん

心からありがとう。

 

 

スパたんに最後に選んであげた物は・・

大好きな公園の桜に包まれて眠れるように

桜の柄にしました桜

 

 

花花花犬花花花

 

 

 

 

 

 

2016.07.20 Wednesday

初七日を過ぎ・・。

スパコがいなくなって

時間の流れがやたらとゆっくりです。

梅雨の間に始まり終わった悪い夢みたい・・。

昨日は初七日。

 

こんなに辛いけど、この辛さも忘れたくない。

変な感情。

でも。。ほんとにほんとに愛したわんこの

元気な姿だけじゃない、頑張ってた姿を

最期まで見届けられたことに感謝したい気持ちです。

 

花花花

 

7月12日。

スパコのカウントダウンは

明日終わろうとしていたね。

 

 

この日は3回ほど口元に差し出した器からお水を飲んでくれた。

それはこの頃すごく困難で、本人もあきらめてしまう事がほとんどだったから

すごい、すごいって喜んだよね。

ほんとにヨロヨロだけど

玄関の方まで歩いたりもしてたんだ。

 

 

足裏の毛が伸びてたのと

汚れた口周りを少しバリカンをかけた。

どこかでスパコへの旅支度になるのかなと思いつつ。

 

 

10日程前のハーハー言いながらの徘徊行動は

ほんの4日間位であまり現れなくなったのは

歩きまわる体力筋力も残ってなかったのかな。

ずっと続いてた震えもなぜか最後にはぴったり止んでいた。

 

 

オシッコはもう日に一度しかしなくなってた。

それでも自力でトイレに行こうとしてたね。

 

 

夜になると

口の中の唾液がドロドロの粘液状になって苦しそうで

拭いても拭いてもあふれてくる。

ガルガル引っかかるような呼吸音。

酸素を吸わせて

詰まらない様に体の向きを変えながら頑張るも

夜中に一度だけむせるように血を吐いてしまった。

歯茎や目の中も真っ白で明らかに貧血が進んでる。

 

とても長い夜だった。

 

 

 

そして7月13日。

最後の日。

 

朝になり病院に電話。

口の中のドロドロは脱水かららしく

この日も移転中による休診は続いているけど先生との約束を取り付け

10時過ぎに病院へ。

 

もう胸水が溜まっていても

抜いても抜いても追いつかない処置はやめようと決めて・・。

スパコの胸にはアザのような注射の跡。

はじめから限界が来ることはわかってた。

今までどれだけ怖さに耐えて頑張ってくれたか。

もう、、いいよね。

 

ただ点滴だけして脱水を抑えてもらい

最低限の苦痛を取り除いて欲しかった。

 

搬入作業でバタバタする病院。

診察台でべったり横たわるスパコ。

相変わらず歯茎や舌が真っ白。

お腹の辺りは黄疸が出ている様でした。

 

血液検査をすると

今まで正常だった腎臓の数値もすごく高くて

もうすべての臓器が壊れてしまったんだなと悲しかった。

 

暑い中、限界の体力を消耗させてもう病院に連れて来たくない。

 

自宅で皮下点滴できるように、液の吸い方、針の替え方、刺し方

丁寧に教わって、あたしが吸い込んで相方が背中に針を刺した。

お尻に吐き気止めの注射も打った。

あのなんでもイヤイヤなスパコに

もう抵抗する元気もないのが悲しいけど

これならできそうだし、やるしかない。

4日分の点滴セットと4本の吐き気止めの注射を貰って病院を後に・・。

 

 

『もう病院行かなくていいからね』

 

みんなどこかで安心して家に帰って5分経ったか経たないか・・。

 

スパコの最期の時がやってきたね。

 

先生にはわかっていたのかな・・

もう来られないって・・

病院の外まで見送ってくれたのを

後になって思い出す。

 

 

2016.07.18 Monday

悩んだ日々。

スパコがいなくなって4日目。

あのしあわせな15年は夢でも見ていたのでは?

と本気で思えてくる・・。

相方も同じこと言うから

あたし達とうとう頭がおかしくなったのかな・・なんて。

 

写真や動画を眺めている時だけ

少しだけ心穏やかになれるような気がするけど

あの手触りが恋しくてたまらないです。

 

葉っぱ葉っぱ葉っぱ

 

スパコの病状が悪くなってくると

何か食べさせなきゃ、飲ませなくちゃって

とにかく焦っていたように思う。

 

 

そして一時期私達がとてもストレスに感じてたのが『投薬』。

食べ物を受け付けない子に薬を飲ませるむずかしさに

ほとほと疲れてた日があった。

ササミやチーズに入れたらすんなり飲みこんでくれてた元気な時より

飲ませなくてはならない薬の数も増えたというのに

二人がかりで口を開かせて飲ませる事は

具合の悪いスパコへの負担を考えるとみんなにとっての嫌な事になってた。

 

 

食べてくれない焦り、無理に薬を飲ませる事へのストレス

良くならない病気への不安、スパコを失ってしまう恐怖

そんなのが一気に溢れて診察室で泣き出してしまった事もあった。

いちばん辛いのはスパコなのに。

 

優先順位を考えてそれまで飲んでいた心臓・血圧の薬を減らしてもらい

飲ませ方も錠剤を潰して

ジャムや市販の子供用の服薬ゼリーに混ぜて飲ませることで

ずいぶん楽になったんだよね。

 

 

いつも混み合う病院の待合室にうんざりしてたけど

涙目で診察室から出て隣り合う飼い主さんに

先生の前で取り乱してしまったことをお話すると

『いいのよ、いいのよ、それも診察料のうち。

あなたそんなに想ってもらって幸せねぇ』

ってスパコに言ってくれて少し落ち着いたのを思い出す。

 

通院の度に明るい兆しのない暗澹たる気持ちを何度となく長い待ち時間の間に

励ましてくれた飼い主さん達に随分救われた気がする。

病院で一緒だったワンコ達、みんな元気になって長生きしてね。

 

食べる事に命かけてたようなスパコから

食べたい気持ちを根こそぎ奪うなんて

それがどういう事を意味するか

日々台所であれこれ思案してはシリンジに詰め

わずかに口に流し込み

残りを捨て容器を洗う・・

一日中それを繰り返してた日々は闘いだったね。

終わりはすぐそこまで来ていたわけだけど。

 

 

食いしん坊のスパコが大好きで

わんわん要求して夢中で食べてたほんの少し前の

スパコが見たくてしょうがなかった。

 

でも空へ旅立つ時に楽なように

それを選んでいたのかも知れないね。

今頃空の上で次から次へと美味しい物を頬張って

お腹ぽんぽこりんですやすやお昼寝してるといいな・・

 

 

そんな姿を思い浮かべて朝晩ごはんをお供えしているよ。

いっぱい食べてね。

 

 

 

 

2016.07.16 Saturday

穏やかな時間。

最愛のスパーキーは

一昨日、雨の降りだした空へ昇ってゆきました。

体がまだそこにあった晩とはまるで比べ物にならない物凄い喪失感に

度々名前を呼んではお骨を前に泣き崩れるだけのどうにもならない時を

ただ耐えるしかないんだね。

部屋のどこにだってスパコの姿が映るのに。

スパコ、さみしいよ・・

逢いたいよ・・

 

スパコが居なくなってしまった今

もう振り返ることしかできないし

生きた証を残すと言うには上手く言葉にもできないけど

記録すること、想いを綴ること

スパコを想って何かする以外に

今はなんにもできないから勝手気ままに綴ります。

ここはスパコの場所だから

いいよね・・。

 

まずは・・

 

スパコの訃報に忙しい中、駆けつけてくれたみんな

本当にどうもありがとう。

きっと尻尾をぶんぶん振って

ペロペロ顔を舐めたかったに違いないよ。

静かに眠るスパコにそんな姿が重なりました。

 

そしてきれいなお花を送ってくれたお友達

スパコ、お花畑で眠ってるようでした。

寂しい気持ちに彩りをどうもありがとうございました。

 

闘病中も回復を願う気持ちを込めて送ってくれたたくさんのサプリやご飯

応援をいっぱいいただき本当にどうもありがとう。

 

 

はなはなはな

 

スパたん・・

肝臓癌と言われた6月18日からたった26日で逝ってしまったね。

26日間でも最初の10日ほどはまだ

なんとか少しずつでも食べてくれてたし

普通の暮らしに近い状態で過ごすことができてたのに

スパコの中でハイピッチのカウントダウンが刻まれていたんだね。

発見される前もきっとそのスピードでスパコを蝕んでいたんでしょう。

 

前々回のブログに記した長い点滴の翌々日

日に何度も嘔吐が繰り返されて、とは言え食べていないから出る物もなく

ただ弱った体で吐き気に耐える全身の踏ん張りも利かず

その度ひっくり返ったり横倒しになったり。

水分すらあまり受け入れてくれず・・。

22時に病院に夜間診療をお願いした7月11日。

ほんとは連日の通院をこの日はストップしてあげたかったのだけど・・。

 

 

吐き気が治まってる間はなぜかとても穏やかな表情で

元気な頃の目に戻って

あたしになにか伝えてる。

そう感じて写真をたくさん撮った午後。

こんな風に強く感じたのははじめての事だったかもしれません。

『病院はもういいよ』って言ってたようにも思えた。

ほんとに可愛い顔をしてたの。

帰宅した相方も同じこと言ってたっけ。

 

 

もうその時が近いの?

スパコの目を見て何かを感じ

この時いっぱいお話したね。

スパコの隣に横になって

スパコをどんなに好きか。

これまでどんなに楽しかったか。

頭や背中を撫でながら

手を握りながら

とても穏やかで優しい時間でした。

この時カウントダウンは残り2日を切ってたのね。

 

夜になっても吐き気が止まらず

辛そうなスパコをやっぱり見ていられなくなってしまった。

 

命の期限は週単位で

『自宅で看取る』とか

そんな話は常々先生と話す中で出てたけど

実際そんなに簡単じゃなくて

助けて・・ってあがくばっかりで

覚悟なんて全然できなかったんだ。

 

 

 

この日はかかりつけの病院が新しく移転するため4日間のお休みに突入した日で

私達が新病院のいちばん乗りの患者になってしまいました。

まだ全部の機材が搬入されていない状態だけど

吐き気止めの注射も打ってもらい

胸水を抜いたらもう250ccも溜まっていてステンレスの容器になみなみと溢れそうな量に

『一昨日200cc抜いたばかりなのに・・』と唖然としました。

この小さい体にこんなに入る余地などあるはずないのに。

 

オープン前のピカピカで素敵になった新しい匂いのする夜の病院で

『いつ逝ってもおかしくない』

先生にそう言われました。

 

その晩は朝まで私の布団でスパコと一緒に寝ました。

みんな疲れ果てていたね。

 

長くなったのでまた・・。

 

 

Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM